1st:バスハイクがありました。その1

 【その2】  【その3】

この前の9/4(金)文京区心のふれあいをすすめる会主催のバスハイクがありました。

1-空、雲_gb

天候は、このように雲がありましたが、暑いくらいの天気で、雨の心配をしていましたが、降られることはありませんでした。
目的地は、埼玉県の秩父にある『小松沢レジャー農園』という所で、自分はよく知りませんが、長くいる方々はおなじみの場所のようでした。

バス5台で向かい、結構長い間バスには乗っていました。
ぶどう狩りと、バーベキューが目的で、様子は後程述べることにします。

いざ、バス旅行へ出発!

バスは、10時に赤門前を出発し、今回はガイドさんのような方が乗っていました。
自分のバスは、男性のガイドさんでした。目的地に着いても何か説明をする人がいましたが、ガイドさんか現地の方かはちょっとわかりませんでした。

コースは、巣鴨の方を通って高速に乗り、高坂SAで休憩、その後、皆野寄居有料道路を通り、小松沢レジャー農園へ着くといったコースでした。

埼玉に入ってしばらくすると、高速の塀に草が目立つようになり、やがて、田んぼや畑、やがて山々が見えてきました。

1-川、緑_gb 1-田んぼ、家、ビニルハウス_gb
1-鉄塔、田んぼ、空_gb 1-田んぼ、家、山、空_gb

ビニルハウスで何か農作物を作っている風景や、川や鉄塔も見えました。
これも田舎ながらの風景です。

もう秋ですので、田んぼのイネにはお米が実り始めている様子も見えました。

言い遅れましたが、行きのバスの車内では、自己紹介をみんなでしました。
自分のバスでは、司会はファーストの女性メンバーさんで、自己紹介をした方々も、緊張気味の方から、面白いことを言う方まで様々でした。

バスの車内はやや暑く、作業所で冷房慣れしている自分は少し眠くなりました。

個人的なことで申し訳ありませんが、かずたはこの辺の出身で、堂平山という天文台が頂上付近にある山があるのですが、山を見ても天文台が見当たりませんでした。
いつの間にかなくなってしまったのだろうかと少しさみしく思いましたが、以下のサイトで存在を確認でき嬉しくなりました。
<星と緑の創造センター>
http://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=11574

このような、東京では見られない色々な田舎の風景の中をバスは走り、ほぼ時間通りにレジャー農園に到着しました。
時間にして、約2時間バスに乗っていたことになり、都心からは遠いところまできたものだなぁと思いました。

【次回に続く】

タイトルとURLをコピーしました