1st:作業所の風邪対策など。

冬になって、風邪などがはやる季節になってきました。
ファーストではこの季節になると、S所長が作業室に加湿器を入れるようになります。

加湿器を入れると資材が紙でできているので、影響があるような気がしますが、毎年それで通っているので、影響のない範囲で済んでいるのだと思います。
暖房に加えて加湿器も入りますので、とても暖かい部屋になります。

加えて、この時期になると、インフルエンザの予防接種のお金が、作業所から助成されるようになります。
少額ではなく、大部分のお金、病院によっては全額を出してもらえるので、とても助かります。

かずたも、先日打ってきました。
肩に打ちましたが、痛みはなく、肩に打つなら筋肉注射だと思うので、人によってはお尻に打つ人もいるんじゃないかなと思います。
去年は痛い注射だと言われた気がしたのですが、今年は全くの無痛だったので、記憶違いかもしれません。

基本的に、感染症にかかると作業所は休むように言われるのですが(かずたは、結核の疑いがあった時、結核でなかったにもかかわらず、安全のために休むように言われていたことがある。)これからの季節、たちの悪いのはノロウイルスだと思います。

これがまた流行り出すと、また所長さんが話し合いなどで気をつけるように言うのですが、これは予防接種があるのかかずたは知らないし、吐いたものや、便などはアルコール消毒が効かず、いわゆる”キッチンハイター”を薄めたようなものを使わなければならず、扱いずらいもののように思われます。

インフルエンザの予防接種を受けてもインフルエンザにはなりますが、軽く済むそうですし、それだけ作業に復帰するのも早くなると思います。

手洗いがらがら

タイトルとURLをコピーしました