本郷の森について

◆理事長ご挨拶

 2017年6月に私が理事長に就任して早4年が経とうとしております。

 社会福祉法人 本郷の森は事業開設から33年目。社会福祉法人設立18年目を迎えました。

 この間事業拡大が進み、職員は非常勤も含め35名で就労継続支援B型2事業所、就労継続支援B型、就労移行支援の多機能型1事業所、グループホーム2事業所、計画相談支1事業所、文京区からの委託で地域生活支援拠点の7事業を行っております。

 この1年間は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2か月以上閉所せざるを得ませんでした。2020年6月に開所後も通所事業所はいずれも在籍者数に比べて狭く、密になりやすいため、就労継続支援B型事業所は午前、午後に分け、人数を制限して基本1人1テーブルで、フェイスシールドを付けての開所となっております。

 社会福祉法人 本郷の森ではコロナ感染症が蔓延した当初より、メンバー、職員にも「感染フローチャート」等を作成し、厳しい制限した生活をお願いしております。

 メンバーの皆さんが楽しみにしているプログラム1泊旅行や行事、昼食会などは感染する可能性があるためにできず、活動制限が行われていますが、できることを少しずつ行ってまいります。

 まだまだ理事長として未熟ではありますが、精神障がい者の地域生活の充実、働きたいと思う方たちの希望の実現に向けて今後とも法人理念に基づき、「自分だったら、どうしてほしいか」という視点を忘れずに、メンバー、家族、地域の方々、スタッフ、みんなが元気で笑顔になれるサポートを行っていけるように法人をまとめていく所存です。

 皆様、これからもご支援の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年5月吉日
社会福祉法人 本郷の森 理事長  瀬川 聖美

▶ 2017年 理事長挨拶はこちら

◆法人理念

本郷の森の目指すもの

「本郷の森」は、『自分だったら、どうしてほしいか』という視点を忘れずに、メンバー、家族、地域の方々、スタッフ、みんなが元気で笑顔になれるサポートを行います。

「本郷の森」と出会えて良かったと言っていただけるような法人を目指します。

本郷の森の理念

  • 安心して自分らしく居られる場所
  • 支え合える仲間と出会える場所
  • 新たな自分探しができ、夢や希望にチャレンジできる場所
  • 医療と福祉、社会の架け橋になる場所
  • 地域の方々と共にある場所
タイトルとURLをコピーしました