本郷の森について

◆理事長ご挨拶

 この度、新理事長に就任致しました。

 昭和63年10月に東大病院精神神経科デイホスピタル家族会が中心となり地域生活や就労に向けたサポートを行うことを目的に「精神障害者共同作業所 銀杏企画」が開設されました。その後、利用者が増え、「銀杏企画Ⅱ」「銀杏企画三丁目」が開設され、平成13年ご家族から将来の心配、メンバーからは家族から独立して生活したいとの声から一人暮らしの練習の場として「ホームいちょう」を開設。

 平成15年に「銀杏企画三丁目」が小規模授産施設移行に伴い、経営主体として社会福祉法人 本郷の森を設立し、平成19年に障害者自立支援法に伴い、「銀杏企画」「銀杏企画Ⅱ」は就労継続支援B型「銀杏企画三丁目」は就労継続支援B型と就労移行支援の多機能型に移行しました。

 平成25年「第2ホームいちょう」計画相談を行う「サポートセンターいちょう」を開設。登録メンバーは120名を超え、現在に至っております。

 これからも本郷の森の目指すメンバー、家族、地域の方々、スタッフ、みんなが元気で笑顔になれるサポートを行い、「本郷の森」と出会えて良かったと言って戴けるような法人を目指していきます。今後ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。

2017年9月吉日
社会福祉法人 本郷の森 理事長 瀬川 聖美

◆前理事長 退任のご挨拶

 今年度も早半年が過ぎました。ご挨拶が遅くなってしまいましたが、私はこの6月を持ちまして本郷の森の理事長を退任いたしました。
 2011年に理事長職に就任いたしましてから、6年の間、皆様方には、様々なところで大変お世話になりました。私が何とか理事長の大役を遂行できましたのも、皆様方の暖かなご支援やアドバイスと励ましがあったからと本当に感謝いたしております。
 今後は、本郷の森の監事として、又地域の中で私のできることで恩返しをしていきたいと思っております。今後も、私並びに、本郷の森を、今まで以上にご指導いただきますようにお願い申しあげます。
 最後になりましたが、皆様方のご多幸を祈念いたします。

2017年9月吉日
社会福祉法人 本郷の森 監事 浅井 久榮

◆法人理念

本郷の森の目指すもの

「本郷の森」は、『自分だったら、どうしてほしいか』という視点を忘れずに、メンバー、家族、地域の方々、スタッフ、みんなが元気で笑顔になれるサポートを行います。

「本郷の森」と出会えて良かったと言っていただけるような法人を目指します。

本郷の森の理念

  • 安心して自分らしく居られる場所
  • 支え合える仲間と出会える場所
  • 新たな自分探しができ、夢や希望にチャレンジできる場所
  • 医療と福祉、社会の架け橋になる場所
  • 地域の方々と共にある場所
タイトルとURLをコピーしました