2020年9月移行分室茶話会

三丁目移行分室では、去る9月29日(火)の午後に久しぶりに茶話会が開かれたのでございます。新しいメンバーが加入してから始めての茶話会でありました。いつも通り午前中のプログラムを終え昼食後、準備に入りました。この日のために、メンバーは前々から「お菓子・ゲーム係」「飲み物係」「BGM係」「司会」の各係に分かれ下準備をしておりました。また後述しますが、今回は職員さんも重要な役割での参加でした。残念なことに、職員さんが1名体調不良で欠席ということで、メンバー5名、職員3名での計8名でのスタートとあいなりました。。

予定のPM2:00より少し前に全員が着席し、分室内はいつもよりどことなく華やいだムードに包まれました。茶話会が開かれるにあたり、司会の私Nがささやかな初めの挨拶をさせていただきました。続いてBGM係K氏の選曲による音楽が流されました。「秋」をテーマにしたその素晴らしい楽曲に、皆の気分は高まりゆくばかりです。

さて、お菓子・ゲーム係の一人であるH氏の進行で「20の扉」というゲームが行われたのです。選ばれたある一人が心の中に思っている言葉(単語)を「はい、いいえ」で答えられる質問を皆で次々と質問をして、20回以内に当てるというものです。初めに選ばれたのはメンバーのI氏です。I氏の心の中を探るように質問が続く中、職員のI氏が「銀行!」と言い当てました。二回戦目は、その職員のI氏が思っている言葉を当てる番です。次々と鋭い質問が続いたのですが、20回では誰も当てられませんでした。答えはなんと!「ダンボール」だったのです。私Nは「なぜIさんはダンボールを思い浮かべていたのだろう???」と思いました。今でも謎なのです。

続いては、お茶とお菓子の時間です。飲み物係のI氏が注文した、それはそれは美味しいペットボトルの飲み物が各席に並べられました。お菓子の方は職員さんが各々買ってきてくださった物なのですが、もう一人のお菓子・ゲーム係のH氏の発表によりますと、好きなお菓子を一人二つ取り、皆にどのお菓子が一番良かったかを投票してもらい、一番人気を決めるというサプライズ企画もありました。発表は会の最後にあります。

さて、次はテーマトークの時間です。「仕事について」「冬と言えば」という二つのテーマで皆が各々の熱い思いを語りました。

そうして、この楽しかった茶話会もいよいよフィナーレです。まず、お菓子・ゲーム係のH氏から、お菓子人気投票の結果が発表されました。輝かしき優勝お菓子は、職員のA氏が買ってきてくださいました、スガちゃん(?)の絵の焼き印が押されたパンケーキでした。私もこのパンケーキに一票投じましたが、とても美味しゅうございました。また、その他のお菓子たちも、職員さんの愛のこもった美味しいものでございました。

最後に職員のI氏から、この茶話会を締めくくるにおいて、この上ない最後の挨拶のお言葉をいただき、参加者全員の感動の中、茶話会はお開きとあいなったのでございます。(分室N)

(なお本文中、人名はイニシャルで書いてありますが、当日参加したのはI氏3名、H氏2名、K氏、A氏、Nが各1名です。また、内容をちょっとだけ盛っております。)

タイトルとURLをコピーしました